グローバルエコノミクス

ジンバブエが人民元を「通貨」に!?

Embed from Getty Images アフリカ南部にあるジンバブエが人民元を「通貨」にすると報道されていますが、いったいどういうことなのでしょう?よく考えるととても奥が深い問題なので解説します。

ECBの利下げ FRBの利上げ

View image | gettyimages.com ECBは本日(12月3日)の理事会で、基準政策金利とECBからの貸出に適用される上限金利をそれぞれ0.05%、0.30%で据え置き、ECBへの預金金利に適用される下限金利だけマイナス0.20%からマイナス0.30%に引き下げました。

FRB利上げの最大の弊害とは?

View image | gettyimages.com FRBは12月15~16日に開催されるFOMCで、FF翌日物の誘導金利を現在の0.0~0.25%から0.25~0.50%に引き上げるようです。

中国経済の本当の規模はどれくらいなのか推測してみよう

View image | gettyimages.com 中国国家統計局は昨日(10月19日)、2015年7~9月期の実質GDPが前年同月比で6.9%増だったと発表しました。

中国経済の何が問題なのか?

View image | gettyimages.com 本日(9月2日)の日経平均は、朝方に8月26日以来の18000円割れとなった後は反発したものの、結局は売り物に押されて終値は70円安の18095円となりました。

緊縮財政案を国民投票で否決 「ごね得」になりそうなギリシャ その2

View image | gettyimages.com 本日(7月8日)の日経平均は638円安の19737円と急落しました。最大の理由は上海と深セン取引所で上場企業の4割以上が「自主的に」取引を停止しており不安から上海総合指数が続落しているからですが、国民投票後のギリシャ動向…

緊縮財政案を国民投票で否決 「ごね得」になりそうなギリシャ

View image | gettyimages.com (お断り) 本日(7月6日)の昼過ぎに先行配信した有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」のメインテーマ2に、最新の状況を加えて要約した記事です。

最悪の事態となったギリシャ情勢

View image | gettyimages.com 今月末のデッドラインを目前にしたギリシャ政府と国際債権団(EU、ECB、IMF)の駆け引きは、デッドライン1日前に「思わぬ結果」となってしまいました。

ギリシャ危機と地下経済

View image | gettyimages.com ギリシャについては6月10日付け「ギリシャはデフォルトするのか?」で書いた通り、今月末に15億8000万ユーロ(2200億円)の返済期日がくるIMFが「えげつなく回収」するところを、EUとECB(7月に35億ユーロ、8月に32億ユーロの…

ギリシャはデフォルトするのか?

View image | gettyimages.com 本日(6月9日)の日経平均は360円安の20096円となりました。下落の理由の1つに、ギリシャが今月中にもデフォルトすると懸念されていることがあります。本日の欧州株式市場も総じて続落しています。

中国外貨準備をめぐる「怪」

View image | gettyimages.com 2014年通年の中国の経常収支は2138億ドルの黒字、また海外から中国への直接投資は1985億ドルだったようです。ここからは100億ドル単位で丸めますが、2014年通年で中国には4100億ドルの外貨が流入していたことになります。

ECBが量的緩和を決定(速報)

View image | gettyimages.com ECBは本日(1月22日)開催された理事会で、資産(国債)を大規模に買い入れる量的緩和に初めて踏み切りました。 伝えられる内容は、本年3月から2016年9月まで1ヶ月600億ユーロ(8兆円強)のユーロ圏国債をECB出資比率に応じて…

ECB理事会が近づく

View image | gettyimages.com 1月22日のECB理事会では、ECBが日銀型の資産購入いわゆる量的緩和に踏み切るかどうかが注目されています。この資産とはユーロ圏各国の国債となります。 そんな中、フランスのオランド大統領が1月19日に「ECBは国債を購入する決…

何が起こった? スイスフランの急騰

View image | gettyimages.com 急遽記事を差し替えたので、やや遅れての更新となります。

原油価格の下落は一過性ではない

View image | gettyimages.com 連休明けの本日(1月13日)、アジア時間で原油価格先物(WTI)が1バレル=45ドルを割り込みました。 自称「イスラム国」が成立した昨年6月には1バレル=107ドルだったので、半年余りで実に半値以下になってしまいました。

1999年1月の「初値」水準まで下落したユーロの対ドル相場

View image | gettyimages.com 昨日に続きギリシャの債務危機再燃とユーロ離脱について書くつもりだったのですが、本日は同じユーロでも少しポイントを変更しました。ギリシャは新たな動きが出たときに続けます。

ギリシャはユーロを離脱するのか? その1

View image | gettyimages.com 1月25日に行われるギリシャ総選挙では緊縮財政に反対する野党・急進左派連合が優勢のようで、このままではギリシャが引き続き財政支援が受けられなくなり、にわかにユーロ離脱と騒がれ始めました。

本年のキーワードは「中心と周辺」

View image | gettyimages.com あけましておめでとうございます。本年最初の記事なのでいろいろと考えましたが、この話題にしました。 表題の「中心と周辺」とは、本誌も大変に信頼している証券エコノミスト・水野和夫氏の著作「資本主義の終焉と歴史の危機…

ルーブル急落は決して「他人事」ではない

View image | gettyimages.com 本日(12月17日)午後10時現在のルーブルの対ドル相場は、1ドル=66ルーブル前後で小康状態となっています。前日には一時1ドル=79ルーブル(80ルーブルとの説もあります)まで急落したルーブルは、とりあえずは危機を脱したと…

始まったロシアの金融危機(実況中継)

View image | gettyimages.com ロシア中央銀行は現地時間の本日(12月16日)未明、政策金利を10.5%から17.0%へ引き上げました。先週末(12月12日)にも9.5%から10.5%に引き上げたばかりで、本年初めは5.5%でした。

FRB 資産買入れ(QE3)を終了

#455604024 / gettyimages.com FRBは10月28日~29日に開催していたFOMC(連邦公開市場委員会)で、2012年9月から続けていた資産買入れ(QE3)を今月で終了させると発表しました。

ところで世界の株価はどうなっているのか?

#457589412 / gettyimages.com 本日(10月21日)の日経平均は306円安の14804円と、昨日の上昇分(578円)の半分以上を消してしまいました。まだまだ「官制株高」が定着していないようですが、2回目の消費増税が決定されるまでは「何でもあり」なので、年内の…

FOMCと円安をどう読む?

#450822890 / gettyimages.com FRBは昨日(9月17日)まで開催したFOMCで、量的緩和(QE3)を10月28日~29日に開催する次回FOMCで終える方針を確認しました。 これは想定通りですが、今回のFOMCで注目されていたポイントは以下の2つです。 1つめは、量的緩和…

FRBの「利上げ」の意味

#450820922 / gettyimages.com 9月16日~17日に米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)が開催されます。現在行われているFRBの資産買入れ(QE3)が月額100億ドル減額されて150億ドルになり、次の10月28日~29日のFOMCでゼロになることは確定的…

ECBの追加金融緩和

#450125954 / gettyimages.com 少し時間が経過したのですが、欧州中央銀行(ECB)は9月4日に主要政策金利を0.15%から0.05%へ、銀行への貸出金利である上限金利を0.4%から0.3%へ、銀行から預かる預金金利である下限金利をマイナス0.1%からマイナス0.2%へ…

日本円が国際化しない意味

#94934238 / gettyimages.com 昨日付け「人民元が国際化する意味」の続編ですが、その昨日の記事に正確ではない部分がありましたのでお詫びして訂正させていただきます。

人民元が国際化する意味

#479471571 / gettyimages.com 米国とEUがロシアに対する経済・金融制裁を強化した結果、ロシア企業が対外取引の決済通貨や手元に確保しておく通貨を、ドルやユーロから香港ドルや人民元に変更している可能性があります。

アルゼンチンがなぜデフォルトするのか?

#452036684 / gettyimages.com 7月30日には懸念されている通り、アルゼンチンがデフォルトとなりそうです。ただ今回は、かなり特殊な事情があるためテクニカル・デフォルトといわれています。

GPIF・イラク情勢・米国長期金利

#450976944 / gettyimages.com また連想ゲームかと言われそうですが、日本株に影響を与える3点セットです。 最初のGPIFとは、もちろん国内株組入れ比率の拡大ですが、少しポイントが違います。

したたかな米国政府「ビジネス」

#450813652 / gettyimages.com 米国の2014年会計年度(2013年10月~2014年9月)財政赤字が5140億ドル(52兆円)になりそうです。2013年会計年度は6800億ドルの赤字でしたが、それ以前の4会計年度は1兆~1兆5000億ドルの大赤字だったので、大変に改善している…