企業不祥事の深層

オリンパス事件の光と影  その19

View image | gettyimages.com もう完全に世間から忘れられているオリンパス事件ですが、いまだにいろんなものが飛び出してくる「まだ決して終結していないオリンパス事件」の続報です。

オリンパス事件の光と影  その18

View image | gettyimages.com いつまでたっても奇怪なものが出てくるオリンパス事件の続報です。 東京地検特捜部は10月23日、オリンパスの損失隠しを指南していた米国在住の佐川肇氏を(東京で)在宅起訴したと発表しました。

東芝の「不適切会計」について書き足りなかったこと

View image | gettyimages.com 昨日(7月22日)付け「東芝の第三者委員会・調査報告書をどう読む?」だけでは書き足りなかったので、頂いているコメントも反映させてもう1回だけ続けます。 まず「株主資本に匹敵するのれん・無形固定資産に誰も触れないのは…

東芝の第三者委員会・調査報告書をどう読む?

View image | gettyimages.com 東芝は本日(7月21日)の臨時取締役会で、「不適切会計」について第三者委員会から「経営トップが関与した組織的なもの」と断定した調査報告書を受領したことを踏まえ、田中社長、佐々木副会長、西田相談役の歴代3社長が本日付…

オリンパス事件の光と影 その17

View image | gettyimages.com 本日は久々にヘッジファンドの話題にすると予告していたのですが、(ご指摘も頂いたように)オリンパス事件に関する判決が言い渡される日だったので、急遽差し替えました。

オリンパス事件の光と影 その14

#94956327 / gettyimages.com オリンパス事件の「指南役」として起訴されていた中川昭夫氏の判決が、12月8日に東京地方裁判所(斉藤啓昭裁判長)で言い渡されました。 判決は懲役1年6ヶ月(求刑3年)、執行猶予3年、罰金700万円(同1000万円)で、各報道機関…

フラッシュバック その2

#455481726 / gettyimages.com 「オリンパス事件の光と影 その8」 2014年4月3日の記事 オリンパス事件の「指南役」の裁判がほぼ終了しており、近々判決が言い渡されるようです。どうしても「会社ぐるみの犯罪」とするわけにはいかないようで、ビックリする証…

オリンパス事件の光と影 その13

#141652634 / gettyimages.com 7月17日付け「同題 その12」を書いてからちょうど3ヶ月が経過したのですが、本誌がこのシリーズで繰り返し予告していた「海外におけるオリンパス事件」が、ほんの少しだけ口を開けたようです。

オリンパス事件の光と影  その12

#486628825 / gettyimages.com 日本におけるオリンパス事件とは、発覚時に時効になっていなかった2007年3月期~2011年3月期の有価証券報告書に、年度ごとの純資産を416億円~1178億円不正に計上した金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)として幕…

オリンパス事件の光と影 その11

#133938562 / gettyimages.com 「その10」を書いてから約2ヶ月が経過しましたが、決して忘れているわけではなく、今後も徹底的に掘り下げていきます。オリンパス事件の「正体」を比較的正確に把握している本誌としては、その大変に恣意的で中途半端で不自然…

インデックスの元会長・社長を逮捕

photo by NeonMan 東京検特捜部は本日(5月28日)、経営破綻したインデックスの落合正美元会長と妻の善美元社長を、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の容疑で逮捕しました。

もっとそろそろ事件化しそうな「ヤクルト本社」

photo by daniel bernardinelli 本日(5月15日)は、2014年1~3月期実質GDPが前期比1.5%(年率5.9%)の高成長だったと発表されたのですが、もともと駆け込み需要が含まれていることに加えて、必ず下方修正される第一次速報値なので記事にすることはやめて…

オリンパス事件の光と影  その10

photo by idua_japan 前回の記事から1ヶ月もたってしまいました。継続中の「指南役」裁判2件は、結構激しい攻防が繰り広げられていますが、表面的には静かに粛々と進んでいるようにしかみえず、あまり興味ある記事にならなかったからです。

そろそろ事件化しそうな「ヤクルト本社」

photo by The Citizen Of Hachioji いつも書くのですが、経済事件は「悪質」な順番に事件化するわけではありません。世の中には上場会社を巡る「とんでもない話」が山ほどありますが、それらが事件化するかどうかは「全く次元の違うところ」で決まってしまい…

オリンパス事件の光と影 その9

photo by bmward_2000 今回は、書きかけの「指南役」裁判(2件)は少しお休みして、昨日(4月9日)IRされた6信託銀行の損害賠償請求についてです。 オリンパス事件による株価下落で損害を被ったとして、三菱UFJ、日本マスタートラスト、日本トラスティ・サー…

オリンパス事件の光と影 その8

photo by izahorsky 「私が社長に就任した時には簿外損失が1000億円もありました。これが表に出るとオリンパスは存続できなくなるため、やむなく損失隠しの続行に同意しました。ただその過程でご協力いただいた方々が、最初からあるいはもっと早い段階で協力…

オリンパス事件の光と影 その7

photo by idua_japan 少し先を急ぎます。オリンパスを巡る各種裁判についてです。このシリーズにいただいているコメントやご質問は、近々まとめてお答えいたします。

オリンパス事件の光と影  その6

photo by Dick Thomas Johnson 今週はオリンパス事件を巡るマスコミ報道の問題点です。 いつも書くのですが、経済事件は決して悪質な順番に事件化しているわけではありません。そして経済事件の報道とは、すべて証券取引等監視委員会(以下「監視委員会」)…

オリンパス事件の光と影 その5

photo by Small オリンパスの「簿外損失」は1992年3月末に約500億円、1996年3月末に約900億円、2003年9月末に約1200億円と膨らんでいったはずです。それぞれ実現損と評価損が半々くらいだったようですが、オリンパスは毎年3月末と9月末に実現損については実…

オリンパス事件の光と影 その4

photo by 马克爱生活 昨日の続きです。オリンパスの表に出ていない損失額は1992年3月末に約500億円、1996年3月末に約900億円まで膨らみ、それぞれその半分くらいが実現損となっていたはずです。実現してしまった損失は毎年3月の決算期末に(たぶん毎年9月の…

オリンパス事件の光と影  その3

photo by idua_japan 今回は、そもそもオリンパスの巨額損失とは、いつ頃からどのように膨らんでいったのかと、その損失をどのように隠していたのか、などについてです。

オリンパス事件の光と影  その2

もうすっかり風化しているオリンパス事件ですが、表に出ている「光」の部分ではなく、何かしらの理由で表には出なかった「影」の部分に注目すると、かなり世間の理解と違ったものになります。 前回は、ウッドフォード社長(当時)が月刊誌FACTAに掲載された…

オリンパス事件の光と影 その1

オリンパス事件は、もうすっかりと風化した事件のようです。 表題にある「光」とは各種調査・捜査・裁判で明らかになった部分で、「影」とはそれぞれの過程で無視され表に出なかった部分です。大型経済事件には珍しくありませんが、事件の「光」はほんの一部…

悪しき前例となりそうなリソー教育の粉飾決算

2月17日に配信した有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」の「発表された決算から解説が必要な会社」で、日産自動車、ソフトバンク、楽天などと共に取り上げたのですが、考えれば考えるほど「奇怪な粉飾事件」なので、もっと詳しく解説することにしました。 表…

証券取引等監視委員会・特別調査課

photo by The Prime Minister's Office まず昨日の「小野田寛郎・元少尉と陸軍中野学校」で、1つ書き忘れていました。

昭和HD・ウェッジHDのオーナーをなぜ「詐欺事件」で捜査できない?

少し記事にするタイミングが遅れたのですが、先週発売の週刊文春(12月12日号)に、昭和HD(東証2部上場・コード5103)とウェッジHD(JASDAQ上場・コード2388)のオーナーであるアジア・パートナーシップ・ファンド(APF・実質代表が此下益司氏)が、数多く…

まだまだ終わっていないオリンパス事件

先週はJトラストについて3回も書いたので、いろいろなコメントを頂戴しました。中には風説の流布で東証に通知してくださった方もいらっしゃるようですが、本誌は当局各部に「鵜の目、鷹の目」でチェックされていることを十分に「意識」して書いています。 本…

雪国まいたけの「不適切な会計処理」

10月25日に雪国まいたけ(東証2部上場・コード1378、本社は新潟県南魚沼市)が、過年度の決算処理について「外部からの指摘により」不適切な処理が行われていた可能性があることが判明し、社内調査委員会を設置したとのIRを出しました。 それをうけて11月5日…

これで幕引きではなかった「みずほ銀行」

昨日付け「これで完全に幕引きのみずほ銀行」では、この危機を銀行員らしからぬ大胆さで乗り切った佐藤康博頭取を「ある意味でたいしたもの」と誉めたのですが、やはり官僚組織(金融庁)の腹の虫は収まらなかったようです。 たった1日で強烈な反撃に出まし…

これで完全に幕引きの「みずほ銀行」

みずほ銀行は、傘下のオリエントコーポレーションの提携ローンを通じて反社会勢力に融資していた問題で、本日(10月28日)第三者委員会から調査報告書を受領して金融庁に業務改善計画を提出し、同時に社内の処分を発表しました。 釈然としないのですが、これ…