2013年度国債発行計画の注目点

 2013年度予算案が閣議決定され、国債発行計画も明らかになりました。

 現時点で重要なことは、長期国債利回りの想定外の上昇を避けることであり、それなりの工夫がされているようです。

 2013年度の国債発行総額は170.5兆円で、そのうち新規国債は42.8兆円となり、ともに2012年度の当初計画をわずかに下回っています。一方で市中消化額は156.6兆円となり、2兆円ほど増えています。

 これは、2012年度の補正予算で増額した国債のうち5.2兆円を2013年度の発行にする一方で、国債整理基金特別会計の余剰金を7.2兆円取り崩すからです。

 国債整理基金特別会計の余剰金は、2012年度当初予算では12兆円、2011年度では20兆円もあって「聖域」となっていたのですが、財務省が取り崩しを容認したようです。

 しかしその代わり、政府(財務省)は緊急時に日銀から資金が借りられるようにしてしまったようです。詳細がよくわからず、財政法をどのようにクリアしているのかが不明ですが、原則1日の短期資金をロールオーバーすることで、無担保・無制限・無期限の借り入ができそうな気がします。

 緊急時とは、何かしらの理由で国債の発行が滞る事態を想定しており、そのためにある国債整理基金の余剰金を減額するのだから、いざという時に日銀から借り入れる必要があるとの理屈です。

 だいたい財務省の官僚が簡単に「聖域」を手放すはずがなく、それ以上の見返りを得たと考えるのが自然です。昨年に赤字国債法案が国会を通過せず、やりくりに苦労した経験からでしょう。いくら予算配分権があっても、資金がなければ意味がないからです。

 でも昨年の赤字国債法案が通過していない時に「国債債整理基金の余剰金を使おう」とは誰も言っていなかったのですがね。

 これくらいにして、次に行きます。

 日銀乗換えが11.7兆円と、2012年度の16.7兆円から大幅に減少しています。

 日銀は、保有する利付国債の償還期限が到来すると、一度だけ短期国債に乗換えています。その短期国債が償還になると原則は再乗換えしません。

 ところが日銀の発表資料によりますと、平成25年度中(2013年度中)に償還期限の到来する利付国債「ただし、資産買入等の基金による買入れ残高分を除く」のうち、利付国債額面総額11兆7000億円については、割引短期国債をもって借換え引き受けを行うとなっています。

 もちろんこの「ただし書き」は、2012年度まではありませんでした

 資産買入等の基金による利付国債の買入れは、残存年数が1~3年のもの(2012年4月までは1~2年)に限られ、その残高は2012年12月末の24.0兆円から2013年12月末に44.0兆円まで増額されることになっています。

 2014年以降は、この利付国債(もちろん残存年数が1~3年に限ります)を毎月2兆円ずつ、期限を定めずに買入れることになっているのですが、何しろ残存年数が1~3年の国債ばかりなので大量に償還期日が到来することになります。

 2014年度以降も、資産買入等の基金の利付国債は償還されても乗換えないのなら(そのはずですが)、その残高は買入れを止めたら速やかに減少してしまうことになります。

 言葉は悪いのですが「どさくさに紛れて」、財務省は日銀から借入れが出来るようにしてしまい、日銀は保有国債が増加しても乗換えが膨らまないようにしてしまったのです。

 その辺りを正確に報道しているマスコミは皆無でした。

 官僚組織(日銀も含む)は、油断も隙もありません。