「闇株新聞 the book」について

 「闇株新聞が本になった」が副題で、「異次元の金融緩和で為替・株・日本国債はどうなるのか?について大胆書き下ろし!」などが表紙の帯に書かれています。

 まさにその通りの内容に仕上がっています。

 4月26日の金曜日に発売ですが、予約販売のみのアマゾンランキングにておかげさまで「証券・金融市場」と「債券・為替・外貨預金」の両部門で第1位を頂いています。

 引き続き、応援のほど宜しくお願い申し上げます。

 内容は、単なる「異次元」の金融緩和での相場予想ではなく、まさに誰にとっても「未体験」の金融緩和のなかで、相場判断に役立てて頂ける内容を「ぎっしり」詰め込みました。

 為替(ドル・ユーロ・人民元)、日本国債、株(日本株)に分けて「書き下ろし」ました。今まで書いた「闇株新聞」と、内容が重ならないように注意してあります。

 そして、それぞれに関連する「闇株新聞」の過去記事も厳選して掲載し、過去記事に追記している箇所や、記事の下にはキーワード的な解説も盛り込みました。

 約2年半の「闇株新聞」の集大成として、ちょうど「異次元」で「未体験」の金融緩和のタイミングに合わせて出版できることは、非常に幸運だと考えています。

 それから株(日本株)については「書き下ろし」を少なくして、経済事件を「闇株的」に解説した過去記事を数多く掲載してあります。「闇株新聞」としての主張の生命線だからです。

 これから株や為替を始めようと思っている方も含めて、出来るだけ数多くの皆様に、読んで頂ければと願っています。