中国経済の本当の規模はどれくらいなのか推測してみよう

 中国国家統計局は昨日(10月19日)、2015年7~9月期の実質GDPが前年同月比で6.9%増だったと発表しました。

 リーマンショック直後の2009年1~3月期の6.2%以来の低成長だったそうです。この期に及んで、計算期間終了後わずか20日足らずで発表されるあの広大な中国のGDPが正確と考える人は少ないはずですが、それにしても不思議な数字です。

 例えば中国の9月の輸入はドルベースで前年同月比20.4%(1~9月累計では15.3%)も減っています。輸入減そのものはGDPを押し上げますが、いくら原油など資源価格の下落があったとしてもこれだけ輸入が減っている中国経済がまだ前年比7%近い成長であるとは信じられず、その中でも(発表されているように)消費が同10.5%も伸びているとは信じられません。

 中国の経済指標の中で比較的信用できるらしい(李克強首相がそう言っている)9月の発電量は前年比3.1%減で、鉄道輸送量も同10%減となっています。

 何よりも中国の9月消費者物価指数は前年同月比1.6%の上昇でしかなく、卸売物価指数に至っては同5.9%の下落と43か月連続でマイナスとなっています。

 キリがないのでこの辺にしますが、やはり中国は資本主義国ではなく共産党一党独裁計画経済あるいは計画型疑似資本主義となります。つまり中国国家統計局から発表されるGDPとは実績ではなく計画であり、そういう目で見ていくと2000年~2011年のGDPは「計画」では平均10%成長だったことになります。それが2012年以降に7%まで減速させており、現在もさらに減速させているわけでもなさそうです。2011年までも「実績」が9%台の年もあったからです。

 2000年当時の中国の名目GDPは10兆元弱(当時の為替で1.2兆ドル)だったので「背伸びした計画」でも世界経済には特に問題がなかったはずですが、2014年の名目GDPは63.7兆元(現在の為替で10.3兆ドル=1200兆円!)にもなっているため、中国国家統計局の都合で勝手な計画がたてられると、その影響は世界経済に及ぶことになります。

 

 中国経済の本当の規模や成長率は誰にも(中国国家統計局にも)わからず、最近はそもそも本当に成長しているのか(マイナス成長ではないか?)とまで心配しなければならなくなっています。

 世界経済にとって最大の恐怖は、その誰にもわからない中国経済の規模と成長率を前提に世界中が過剰設備・過剰生産・過剰資源に陥ってしまっていることです。そして最も過剰状態となっているのが当の中国企業となります。

 これは2年ほど前から本誌が直感的に感じていたことで何度かそう書いてきましたが、この期に及んで「そうだったでしょう?」などと言うつもりはありません。

 そこで、いったい中国経済の本当の規模はどれくらいで、発表されている規模とのギャップがどれくらいあるのかを推測してみることにします。

 このギャップが拡大し始めたきっかけはリーマンショック直後の4兆元の経済対策で、この効果を世界中が過剰期待したわけですが、その結果は中国全体に不採算投資・不良債権が積み上がっただけでした。

 そこでIMFが集計するリーマンショック時(2008年)の名目GDPである31.6兆元(当時の為替で4.6兆ドル)が正しい数字と仮定し、それに同じくIMFの集計では2008年から2014年までの消費者物価上昇率を累計すると1.16倍になるため、これらを使います。
 
 この間の中国の実質成長率が毎年6%だったとすると2014年の名目GDPは52.0兆元、毎年5%だったとすると同じく49.0兆元となります。ざっくりと考えて昨年(2014年)の中国の名目GDPは50兆元くらいだったような気がします。
 
 ところが実際にIMFが発表している2014年の名目GDPは63.7兆元(現在の為替で10.3兆ドル=1200兆円!)もあるので、そのギャップは13兆元強(現在の為替で2.1兆ドル=250兆円!)となり、中国経済は日本の経済規模の半分くらいの「大粉飾」を抱えていることになります。

 単なる本誌の試算ですが、中国経済の本当の問題点とは「多少減速している」程度のシロモノではありません。ところが同じような「大粉飾」が中国経済にはまだまだあるのですが、別の機会に解説します。