「民間防衛」 あらゆる危機から身を守る

 表題は、本日(11月9日)配信した有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」の「お勧め書籍コーナー」でご紹介した書籍名です。

 新しい書籍ではありませんが、現在の日本にとって大変に有益だと感じるので大幅に加筆して闇株新聞のテーマにしました。有料メルマガの読者の皆様にはどうかご了承いただきたいと存じます。

 さて「民間防衛」とは、冷戦時にスイス政府が国民に配布した「あらゆる危機から身を守る」ための手引書の邦訳版で、2003年に原書房から出版されています。

 人口が800万人弱のスイスは永世中立国ですがEUにもNATOにも加盟しておらず、国民皆兵(男性だけ。女性は任意)で国を守っています。街中にも大砲を備えたトーチカがあちこちにあり、敵が攻めてきたときの備えもできています。

 つまり自国の平和は自国民で守るというごく自然な考え方で、本書はその手引書です。いまだに安保法案は戦争法案で徴兵制になるなどと騒いでいる日本とは根本的に考え方が違いますが、どちらがまともな考え方なのかは明白です。

 また本書には核爆発の際に発生する放射線や熱線を避けるためのノウハウまで書かれており、これは東日本大震災福島原発事故の際にも役立ったはずです。

 スイス国内には人口より多い900万人分近い核シェルターがあり(日本は人口の0.02%分しかありません)、全国民が4か月シェルターで生活できるだけの食料も備蓄されています。これらはすべてスイス政府が負担しています。

 さて本書で最も重要なところは(現在の日本にとって重要なところという意味ですが)、後半部分にある「戦争のもう1つの様相」です。これは敵国がスイスに対して武力を使わずに侵略してしまう手順が書かれており、そうならないようにスイス国民に注意喚起するための部分です。

 その手順とは次の通りです。

第1段階:工作員を「政府中枢」に送り込む

第2段階:メディアを掌握して大衆の意識を操作する

第3段階:教育現場に入り込み、国民の「国家意識」を破壊する

第4段階:抵抗意思を徐々に破壊し、「平和」や「人類愛」をプロパガンダに利用する

第5段階:テレビなど宣伝メディアを利用し、「自分で考える力」を国民から奪う

最終段階:民衆が無抵抗で腑抜けになった時、大量植民で国を乗っ取る

 まるでスイス政府が日本のために注意喚起してくれていたような本ですが、残念ながら中国は(それに韓国、北朝鮮も)すでに日本本土には第5段階まで、沖縄には最終段階の入口まで入ってきているようです。

 何で中国や韓国の(たまには北朝鮮の)立場に立つ国会議員や官僚が多いのかとか、何でそういう大手マスコミが多いのかとか、何で君が代を歌わない教員がいるのかとか、何で安保法案では「平和」が守れないと叫ぶ人が多いのかとか、何でテレビは低俗番組が多いのかなどが、やっとわかったような気がします(皮肉ですよ)。

 NHKは国民から視聴料を徴収しているので、たまには国民のために本書を「クローズアップ現代」にでも取り上げたらどうでしょう? 「やらせ」などなくても大変によい番組になると思うのですがね。

 また朝日新聞毎日新聞には、思いっきり本書を「中国を貶める最悪の陰謀書である」と決めつける書評を載せてもらいましょう。