決断なき原爆投下 米大統領 71年目の真実

 昨日は更新をお休みしてしまいました。実は2010年に「闇株新聞」を書き始めておそらく初めて「書くテーマが絞れないため」のお休みでした。

 書きたかったテーマは「天皇陛下 生前退位を示唆」「イチロー選手の大リーグ3000本安打」それにこの「決断なき原爆投下」でした。

 順番に書けばいいではないか?と思われるかもしれませんが、そう割り切れるものでもなく、一晩考えて選んだのが本日のテーマです。あとの2つは書かないと思います。

 さてその本日の表題は、8月6日夜に放送されたNHKスペシャルの番組名です。もちろん8月6日は原爆が広島に投下された日で、本日(8月9日)は長崎に投下された日です。

 NHK取材班が米国で丹念に資料や録音テープを探し出し、浮かび上がった「真実」をまとめた秀作です。さすがに2016年度予算で5581億円という「世界最大の制作費」を使うNHKなので、たまには(本当にたまにですが)こういう番組も出てきます。

 以下は、この番組の内容に本誌の「知るところ」を加えたものです。また番組そのものはユーチューブにアップされていますので、削除されないうちにご覧になってください。

 真珠湾攻撃から10か月たった1942年10月、フランクリン・ルーズベルト大統領が核兵器開発プロジェクトを承認します。プロジェクトは「マンハッタン計画」と名づけられ、大規模なプラント計画に慣れている陸軍の担当となり、レズリー・グローブス准将が責任者に任命されました。

 ところで晩年のルーズベルト大統領は明らかに正常な判断力を欠いていました。ほぼ大戦の勝負がついた1945年2月にわざわざクリミア半島のヤルタまで出かけ(チャーチル首相と)、スターリンに「全く必要がなかった寛大な戦後の分け前」まで提供してしまい、この「マンハッタン計画」も至急実施可能とするように命令します。

 さらにルーズベルトは、「マンハッタン計画」にも関わっていた副大統領のヘンリー・ウォレスを更迭して、4選を果たした1944年11月の大統領選挙では全く無名で「小物」のハリー・トルーマンを副大統領に指名していました。

 そんなルーズベルト大統領が1945年4月12日に脳卒中で急死したため、「小物」のトルーマンが大統領に昇格してしまいました。「マンハッタン計画」も含めてルーズベルトが推進していた重要プロジェクトは、何1つ引き継がれていませんでした。

 そうはいっても米国大統領は米軍の最高司令官でもあるため、グローブス准将はさっそく極秘だった「マンハッタン計画」をトルーマン大統領に進講します。ところがトルーマンはあまり興味を示さず(NHKの放送ではそうなっています)、グローブスはそれで承認されたことにしてしまい投下予定地の選定に入ります。

 NHKの番組冒頭に、グローブスは22億ドル(当時)もかけたマンハッタン計画は誰にも(大統領にも)止められない、とうそぶく肉声が番組冒頭に出てきます。

 グローブスは当初、京都に投下するつもりだったようですが、ホワイトハウス(スティムソン陸軍長官)に一般市民が犠牲になると却下されたため、今度は広島と代替地の小倉を「軍事都市で一般市民の犠牲は最小限」と虚偽の報告をトルーマンに行います。

 そして7月16日にニューメキシコ州・ロスアラモスでの実験成功をへて8月6日に広島への投下となるのですが、ここでトルーマンが原爆投下命令に署名していたかどうかが確認できません。だから「決断なき原爆投下」となるのです。

 原爆投下の一報を(たぶん事後報告を)移動中の大西洋上で聞いたトルーマンは、その時点でも広島を「軍事都市」と信じていたようですが、帰国して原爆投下直後の広島の写真を見せられてようやく「真実」を知ります。

 しかし(そこは小物でも大統領なので)、すぐに全米向けラジオ演説で「原爆投下は戦争を早期に終結させ、多数の米兵の命を救うためやむを得なかった」と即興で米国民に呼びかけました。これが今でも米国内で広く信じられています。

 ところがその演説直後に、これもトルーマンが事前に承認もせず知らされてもいなかったはずの2発目の原爆が長崎に投下され、そこで初めてトルーマンが原爆投下禁止令を出します。これも原爆投下が一般市民を多数犠牲にするからではなく、単に陸軍が自分の承認を得ず勝手に2発も投下したことに腹を立てただけと考えます。

 「確信犯」のレズリー・グローブスは1948年に退役するまで陸軍特殊兵器計画本部長を務め、中将まで昇進しています。

 時は移って本年5月27日、オバマ大統領が現職として初めて広島を訪れました。しかしそこでの演説の冒頭は「71年前のある晴れた日の朝、空から死神が舞い降り、世界が一変した」であり、どこまでもオバマらしい表現だけ綺麗な他人事でした。

 死神が舞い降りたのではなく、功名心にかられた陸軍が「小物」の大統領を無視して暴走した結果、20万人以上の命が失われたのです。

 悲劇の再来はどうしても避けなければなりませんが、ただ安直に「憲法9条を死守」などと叫んでいるだけではどうにもならないと強く感じます。